Twitterがブロック済み一覧を公式に提供開始するらしい。あと嫌がらせ等に対する対策を強化するらしい。


Twitterが、ブロック済み一覧を公式に提供開始するとの事です。

ブロック機能も改善しました。新たにWebの設定ページに「ブロックしたアカウント」を作成し、自分がブロックしているアカウントの一覧が表示されるようになりました。こちらには今後もさまざまな機能を追加していく予定です。

Twitterをより安全にご利用いただくために より

API1.0の頃からブロック済みのID一覧はAPIでは取得可能だったものの、公式Webサイト上でユーザがブロック済みの一覧を確認するためのページは存在しない状態でした。
が、今回公式に実装されるとのこと。
現時点で、公式Web上の設定ページに「ミュートしているアカウント」というメニューが存在しますが、その上に「ブロックしているアカウント」が出てくる感じなのかな。

また、嫌がらせに対するプロセスを改善するとの事。

ツイートの報告がより簡単にスマートフォンのアプリからもできるようなり、また、嫌がらせを受けている本人以外の方からも報告ができるようになりました。いただいた報告に対し迅速な対応ができるよう、該当のツイートやアカウントの調査に関するツールやプロセスも改善しました。

現時点で、Twitterの公式Webでは、スパムや嫌がらせ等に関する「詳細な報告」は ユーザのブロックに連なるメニューまたは、個別ツイートの詳細メニューから可能です。
私自身、だいぶ前に一度だけ、自身に実害のある単一のツイートに関して「迷惑行為の報告」を行ったことがありますが…。
Twitter側からの返答は休日明けてすぐでした。(該当ツイートの削除が目的で、返信があった時にはそのツイートは発信者自ら削除していたようなので空振りに終わりましたが。)
返信速度等考えると、個人的には現時点で十分迅速な対応だと思いますが、更に良くなるということなら素敵なことですね。報告等ではなく、別件で問い合わせた際にもその返信は素早かった気がしますし。

もうひとつ…。
記事中でちょっと気になったのが…。

また、ブロックをすると、ブロックをされた相手はあなたのプロフィールページを見ることができなくなります。

という一文。
プロフィールページというと( http://twitter.com/スクリーンネーム )の事だと思うのですが、これが被ブロックアカウントでログイン中のユーザに対してどのように表示されるのかちょっと興味津々。
Twitterにおける「ブロック」に関する仕様はころころと変わっていて…。
確か被ブロックアカウントでログイン中のユーザが、ブロックされているアカウントのユーザのプロフィールページを表示しようとすると、ツイートがひとつも投稿されていない状態と同様の「まだツイートは存在しません」といったメッセージが表示されていた時期も確かあったと思うのですが、今回どのように反映されるのか。

というか…。
元より、Twitterは非公開アカウントでもなければTwitterへのログインセッションが存在しない場合でも、ユーザのプロフィールや、そのツイートの一覧をみる事が出来ます
なので、特定のアカウントでログイン中のユーザに「プロフィールページを見せない」ということにどれほどの意味があるのか…。
若干疑問ではありますが、今回、どのような形で実装されるのか興味があります。

ちなみに、

こちらの機能はまず少数の方々に搭載され、その後、順次広げていきます。これから数週間の内には、すべての方が利用いただけるようになります。

とのこと。
 

 

スポンサード リンク

公開日:2014年12月03日
タグ: